水素水を選ぶときのポイント

続けられる飲み方は?

水素水を購入する場合には、誰が飲むのか、持ち運びもしたいかなどで選ぶ商品が変わってきます。自分だけが飲む場合には、アルミパウチの商品やポータブル生成器のもの、サーバーといった選択肢があります。もし持ち運びもしたいのであればサーバーは持ち運びが不可能ですから、アルミパウチかポータブル生成器に限られます。次にかかる費用はどうでしょう?アルミパウチの総品は月額6,000円からが水準となっています。ただ飲む量が増えると料金もその分上がります。サーバーはレンタルの場合月額5,000円~で、しかも飲み放題です。ポータブル生成器は初期費用のみがかかり、ランニングコスト無しの飲み放題となります。水素水の効果を感じるには継続して摂取することが必要となりますから、無理なく続けられる飲み方を考えることが大切となります。コスト面は一番大事なポイントとなりそうです。

家族で飲むなら水素水サーバー

自分だけでなく、家族みんなで水素水を飲みたい場合には断然コスト面でサーバータイプがおススメです。持ち運びはできませんが、自宅でいつでも好きな時に好きな量を飲めるのがメリットといえます。サーバーは高いというイメージがあるかもしれませんが、今はレンタルでも可能となっています。月々数千円でレンタルが可能ですから、家族で飲む方にはおススメです。出来立ての水素水を手間なく簡単に自宅で飲めます。水素は空気に触れると溶けだしてしまうので、生成してからできるだけはやく飲むことがすすめられています。サーバーならそれが可能ですから、効率よく水素を摂り込むことができます。水素水サーバーの中で人気となっているのは、GAULA(ガウラ)やAqua Bank(アクアバンク)などです。第三者機関によるチェックも受けているので安心して使用することができます。自分一人で飲むのか、それとも家族も一緒に飲むか、コスパの良さはどうかなどを検討して水素水を選んでくださいね。
参照